読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引導の脚本日誌

現在シナリオ勉強中!の引導のシナリオを掲載していきます

10/30習作 『自察観察人』

どうも、引導です。

引っ越し後の片付けも落ち着いてきて、 ようやく人間らしい生活ができるようになってきた気がします。

でもカップラーメンばかり食べております。

 

さて、今回の課題は『始まり』。

性格が曲がっているので、 『始まり』なんて言われると真逆の『死』を連想させたくなります。

というわけで、今回はそんな内容です。

課題: ペラ2枚

 

『始まり』 で、書いてみたものの、 ページの感覚がつかめず、ペラ5枚の話になってしまったので 供養をこめて、掲載します。

まだ推敲してない初稿を掲載します。

 

 

 

『自殺観察人』

人物

緒方レイジ(21)大学生

上原マヤ(16)高校生

M:モノローグ(心の声)

 

◯電車の駅・ホーム(朝)

  駅のホームに黒ずくめの男、緒方レイジ(21)が立っている。

緒方M「そろそろ時間だぜェ……?」

 

  緒方の手のスマフォの画面に『朝7時にH駅の先頭車両付近で飛び込みます』と掲示板の書き込みが表示されている。

 

緒方M「死ににゆく人間の顔……。拝ませてもらおうか!」

 

  ホームの先頭には女子高生、上原マヤ(16)が一人だけ立っている。

  ホームの時計が7時を指し、特急電車が通過する。 マヤがコブシを強く握り、肩を震わせている。

 

緒方「ダラしねえなァ! 死ぬ勇気もないのか!」

 

  マヤ、ギョッとして緒方を見る。

 

 

緒方「とッとと死にな! こっちは退屈してんだ!」

 

  マヤ、鼻を真ッ赤にして泣き顔で緒方に走り寄り、緒方にビンタにする。

緒方「てめェ! 何しやがる」

  緒方がわめき散らすが、マヤは改札へ走り去ってしまう。

 

◯電車の駅・ホーム(朝)

  T『3日後』

  駅ホームのベンチで緒方がスマフォをいじっている。

緒方「今度も冷やかしだッたらタダじゃおかねえ……!」

マヤの声「見ーぃつけた」

  マヤが緒方の背後から近づき、だーれだ? と目隠しをする。 乱暴に振りはらう緒方。

緒方「この前のビンタ女!」

マヤ「サイトに書き込みすれば、また会えるかなって。ね、死に神サン?」

緒方「おれをコケにしやがンのか!」

 

  緒方がマヤの胸倉につかみかかる。 マヤ、途端にしおらしくなる。

 

マヤ「この前は叱ってくれてありがとうございました。私、あの後勢いでイジメっこの家に乗り込んで泣き叫んでたら、翌日からイジメられなくなって……あなたのおかげです」

緒方「ハア? 訳わかんねーコト言ってンじゃねえ!」

マヤ「ウフフ。死に神さんって面白いですよね。よかったら、私とお友達になってくれませんか?」

 

/了

 

 

この話はちゃんと書こうと思ったら、 ペラ2枚の話ではないな、と書きながら感じていました。

(結局、ペラ5枚で書いてしまいました)

ペラ10枚~15枚くらいで書く内容かな? と感じたので、リメイクする機会があったら、ちゃんと書き直します。

一番の反省点 『枚数に収めるために、ト書きを書かず、セリフだけにしてしまった』

だってページ数足りないんだもん

 

テーマが『はじまり』だったので、 逆に"死"を連想させるスタートから、 最終的には、新しい人間関係の始まり、みたいな終わり方のイメージで 考えてました。

ラノベっぽい出会いの話、という感じで考えていましたが、 あんまりラノベっぽくなかったです。

 

2015/10/30 引導