読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引導の脚本日誌

現在シナリオ勉強中!の引導のシナリオを掲載していきます

11/1習作 『ゲームスタート!!』

課題『はじまり』

ペラ2枚分
今回は初稿・2稿・3稿と載せてみます。
 

 

ゲームスタート!!

人物

葉鳥カズミ(24)会社員
相沢祥子(20)大学生

【最終稿(第3稿)】
 
◯ゲームショップ・レジ
  レジに並ぶ会社員、葉鳥カズミ(24)、財布からゲームの予約票を店員Aに渡す。
 
店員A「本日発売のこちらのソフトでお間違いありませんか?」

  隣のレジで小学生が店員Bにわめいている。

店員B「当日発売は売り切れで……」
小学生「まだそこにあるじゃん」
 
  葉鳥、小学生を見て考え込む。

葉鳥「これ、あの子に売ってあげてください」

  葉鳥、予約票をおいて立ち去る。
  店を出ると、相沢祥子(20)が息を切らして追いかけてくる。
 
祥子「あの、弟に譲っていただいて、ありがとうございます。それで、私、実はお兄
さんのこと毎朝電車で見てていいなって思ってて……よかったらこれ、連絡ください
!」
 
  祥子がまくしたて、メールアドレスのメモを葉鳥の手に押しつける。

/了

 




シナリオというのは『書き直せば書き直すほど良くなるもの』だと
ぼくは教わりました。

小説のような文学的な表現は、書き直していると、
そのときの勢いみたいなものが、失われるような気がするのですが、
『シナリオに限っては書き直した回数が完成度に直結する』
というのは何となく分かるような気がします。


今回の習作『ゲームスタート!』は
上に掲載したものが第三稿で、書き上げてから2回書き直しています。

初稿と第二稿も掲載しておきますので、
よかったら比較してみてください。

【初稿】

『ゲームスタート!』
◯ゲームショップ・レジ
  レジに並ぶ会社員、葉鳥カズミ(24)、財布からゲームの予約票を店員Aに渡す。
 
店員A「本日発売のこちらのソフトでお間違いありませんか?」
 
  隣のレジで小学生が店員Bにわめいている。
 
店員B「当日発売は売り切れで……」
小学生「まだそこにあるじゃん」
 
  葉鳥、小学生を見て考え込む。
 
葉鳥「これ、あの子に売ってあげてください」
 
  葉鳥、予約票を置いて立ち去る。

◯公園
  公園のベンチでボーっとする葉鳥に相沢祥子(20)が話しかける。
 
祥子「先ほどは弟に、ありがとうございます。お礼がしたいのでこの後時間ありますか?」
 
  葉鳥、顔を上げる。

/了
 
 

 

【第2稿】

『ゲームスタート!』
◯ゲームショップ・レジ
  レジに並ぶ会社員、葉鳥カズミ(24)、財布からゲームの予約票を店員Aに渡す。

店員A「本日発売のこちらのソフトでお間違いありませんか?」

  隣のレジで小学生が店員Bにわめいている。

店員B「当日発売は売り切れで……」
小学生「まだそこにあるじゃん」

  葉鳥、小学生を見て考え込む。

葉鳥「これ、あの子に売ってあげてください」

  葉鳥、予約票を置いて立ち去る。
  店を出ると、相沢祥子(20)が走って追いかけてくる。

祥子「あの、弟に譲っていただいて、ありがとうございます。あの、この後食事でも どうですか? 毎朝、電車で見てて……」
 
 祥子が顔を真っ赤にして早口で言う。


/了

 

どうでしょうか?
ぼくがオチの部分を上手くまとめきれず、
四苦八苦していたのが分かると思います。


2015/11/1 引導