読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引導の脚本日誌

現在シナリオ勉強中!の引導のシナリオを掲載していきます

11/4習作 『駅前スカート攻防戦』

どうも。

引導です。

 

課題も今回で4つめですね。

枚数制限が地味にキツイ(ペラ2枚とか、3枚とかって少ない!)ので、

課題をやるたびに枚数が増えていくので、

少しずつ、表現の幅が増えていっているのが楽しいですね。

 

早く20枚のシナリオを書いてみたいところです。

 

さて、今回の課題は、『選べずに迷っている人』ということで、

話を聞くところ、

なるべく人生の岐路で迷ってるようなものを、ということでした。

夕食をカレーにするかハンバーグにするか?

というような、しょーもない迷いはダメですよ、と。

 

なるべくなら、オチとして『数年後…』みたいな、

選択の結果が、大きく人生を変えるような話を書きたかったのですが、

ふとネタを思いついてしまい、とりあえず書いてみました。

もっと面白そうな話が思いつけば、また書こうと思います。

 

というわけで、

駅前スカート攻防戦』

 

 

駅前スカート攻防戦』

《人物》

大山重樹(27)会社員

木村タツキ(16)女子高生

(※MはモノローグのMですよ) 

 

◯住宅街近くの歩道(朝)

  スーツ姿の大山重人(27)が生活道路を歩いている。
  前の交差点を女子高生、木村タツキが横ぎる。
  大山とタツキ、一瞬、目が合う。
  タツキが大山に対して軽く会釈をする。会釈を返す大山。

 

大山M「今日は服装が乱れていたな……。寝坊でもしたのかな?」

 

  大山、交差点を曲がり、タツキの背後を歩く。
  看板に「○○駅 500m先」と書いてある。
  大山、タツキの後ろ姿を見ると、制服のスカートがパンツに巻き込まれて、パンツが丸見えになっている。

 

大山M「どうしよう……。教えてあげた方がいいのかな? でも、毎朝同じ電車に乗っているだけで名前も知らない子だぞ?」

 

  大山、前方のパンツを見たまま、歩く。

 

大山M「しかし、注意することで避けられて電車の時間変えられるのも寂しいなア」

 

  タツキ、前方からきたおばさんに何やら声をかけられる。
  おばさんにお礼をして、スカートを直すタツキ。

  タツキ、いきなり後ろを振り返ッて、大山の前に大股で歩いてくる。

 

タツキ「ずっと見てたんですか? ニヤニヤして気持ちわるい」

 

  立ち去るタツキを呆然と見送る大山。

 

/了

 

 

と、いうわけで

 『駅前スカート攻防戦』でした。

タイトルはあんまりマッチしてる感はないのですが、

なんとかカッコイイタイトルをつけたくなったのでコレで。

 

話は完全にバッドENDですが、

枚数制限が3枚と、意外にキツく、

本来はオチとして以下の内容を続けるつもりでいました。

 

◯交番(朝)

 大山が個室に座らされて、警官に事情聴取を受けている。

大山「痴漢だなんて、そんな大それたことはしたつもりは……」

 

 

という感じで、

完全に痴漢扱いされるような話でした。

うーーむ。

可哀想ですな。

 

前回は、(男にとっては)予期せぬハッピーEND(見知らぬ女性に告られる)だったので、真逆を書いてみた感じです。

 

それではー

 

2015/11/4 引導