読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引導の脚本日誌

現在シナリオ勉強中!の引導のシナリオを掲載していきます

11/7 習作 『白黒写真の記憶』

どうも、引導です。

お題『既視感

ぴえろなさんからお題をいただきましたので、
3枚くらいのシナリオを書いてみました。
デジャウーということで、何かしらオチを強要する課題だったので
少し考えました。

 

白黒写真の記憶

登場人物
早咲喜郎(19)大学生
金見哲治(27)指名手配犯

◯繁華街・歩道

  早咲喜郎(19)が半泣きで歩道をうろちょろしている。
  落ち着きのない様子で足下に視線をさまよわせる。
  道ばたのジュースの自動販売機の下にへばりついて、自販機の隙間に手をいれてまさぐる早咲。
  見かねた小料理屋のおばさんが早咲に声をかける。

おばさん「どうかしたの?」

早咲「財布をなくしてしまって……」

おばさん「交番には行ったの?」

早咲「ええ、さっき」

おばさん「もし、おばさんが見つけたら交番に届けておくからね」

早咲「スミマセン。お願いします」

  早咲、おばさんに軽く礼をして、走り去る。


◯コンビニ・入り口
  コンビニの入り口をうろついている早咲。

 

早咲M「コンビニでアイスを買ったときにはまだ……」


  早咲、コンビニの入り口をうろついていると、コンビニからでてきた客、金見哲治(27)にぶつかってしまう。

早咲「ス、スミマセン! 大丈夫ですか?」

  早咲にぶつかられた勢いで尻餅をついた金見は無言で立ち上がる。

早咲「…………」

  早咲、金見の顔をまじまじと見つめる。

早咲「あの、どこかでつい最近会ってませんか?」

  金見が驚愕の表情で早見を見る。
  早咲のポケットの携帯電話が鳴る。

早咲「すみません。電話が……もしもし? えっ、それホントですか? はい! 今すぐ取りに行きます! 10分後くらいには! はい! お願いします!」

  早咲、電話を切って晴れ晴れとした表情。

早咲「あ、えーっと、スミマセンでした。それじゃあ!」

  早咲、はずんだ声で金見に告げ、駆け足で立ち去る。


◯交番

  早咲、ベンチにかけながら、ふと貼紙を見る。
  白黒の顔写真の下に金見哲治と名前が書かれている。

早咲「あッ!」


/了

 



ありがちな話で申し訳ないですが、
最近、ぼくのシナリオの傾向として『立ち去る』というのがすごく多い気が。
気をつけないといけませんねー。

何かお題ありましたら、いただければ短いシナリオ書かせて頂きます。
お題募集中です。

2015/11/7 引導