読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引導の脚本日誌

現在シナリオ勉強中!の引導のシナリオを掲載していきます

11/11改稿 『駅前スカート攻防戦』

どうも。

みなさま、おはようございます。 

 

少し改稿しただけなので、

前のver.を読んだ人は読まなくてもいいかもしれません。

 

初稿は内容をガッツリかいただけで、会話文やト書きは雑だったので、

改稿では台詞や仕草を追加しました。

それらの解説的なことも最後に乗せておきました。

 

 

駅前スカート攻防戦

 

《人物》

大山重人(27)会社員

木村タツキ(16)女子高生

(※Mはモノローグ) 

 

◯住宅街近くの歩道(朝)

  スーツ姿の大山重人(27)が生活道路を歩いている。

  前の交差点を女子高生、木村タツキが横ぎる。

  大山とタツキ、一瞬、目が合う。

  タツキが大山に対して軽く会釈をする。会釈を返す大山。

 

大山M「今日は服装が乱れていたな……。寝坊でもしたのかな?」

 

  大山、交差点を曲がり、タツキの背後を歩く。

  看板に「○○駅 直進500m」と書いてある。

  大山、ふとタツキの後ろ姿を見ると、制服のスカートがパンツに巻き込まれて、パンツが丸見え。

 

大山M「どうしよう……。声をかけるべきか? でも、毎朝同じ電車に乗っているだけで名前も知らない子だぞ?」

 

  前方のパンツを見たまま悩む大山

 

大山M「でも、注意したら気をわるくして、明日から顔あわせてくれないかもなア

 

  タツキ、すれちがったおばさんに何やら話しかけられる。

  おばさんにお礼をして、スカートを直すタツキ。

  タツキ、いきなり後ろを振り返ッて、大山の方へ大股で歩いてくる。

 

タツキ「ずっと見てたんですか? ニヤニヤして気持ちわるい」

 

  ハッとして口元をおさえる大山。 

  立ち去るタツキの後ろ姿を呆然と見送る。

 

/了

 

 

 

太文字の部分が主な改稿箇所です。

気にくわなかったトコはだいたい直したのですが、

まだ気にくわないところが残ってて、それは

 

看板に「○○駅 直進500m」と書いてある。

というト書きと、

 

大山M「今日は服装が乱れていたな……。寝坊でもしたのかな?」

 という台詞です。

 

ト書きに関しては、

そんな看板存在すんの!?

って部分が気になってます。

それなりに駅に近い場所であることを表現したかったのですが、

 

ホントは踏切の音や、電車の騒音に関するト書きを書きたかったのですが、

それらの音が聞こえるほど駅に近い場所なら

人通りが多く、それでは話が成り立たないと思ったので、

割と駅から遠目の位置になってしまったのです。

 

台詞に関しては、

説明的すぎます。

初稿の段階での台詞というのは、ストーリーを前に進めたい一心でかくので、

イマイチ不自然な、血の通ってない台詞になりがちです(ぼくの場合は)。

 

なので、他の部分の台詞はすべて手をいれたのですが、

ここの部分だけはどうしても思いつきませんでした。

 

大山M「今日は服装が乱れていたな……。寝坊でもしたのかな?」

 

うーーーん。ほんとわざとらしいな、この台詞。

悪い見本だ。

みなさんはこんな下手くそな台詞かいちゃダメですぞーーー。

次からは気をつけます。