読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引導の脚本日誌

現在シナリオ勉強中!の引導のシナリオを掲載していきます

11/25習作 『酔っ払いのシンデレラ』

酔っ払いのシンデレラ

課題:駅(枚数5枚)
 
※2015/12/10 修正内容
過去形で書かれているト書きがあった
映像では映らない描写があった
(ex.)すっぱい匂い・柱の"別の日")
 ※言い訳をすると、どの程度がダメなのか確かめるために
  わざと"すっぱい匂い"って書いてみたんですが、ちゃんと赤ペンされていました。
・シーンの〆は『セリフではなく、ト書き』。
 →シーンはト書きで〆ること ※セリフで〆ない! 
 
 

 

 2015/12/10 本文、修正しました。
 
酔っ払いのシンデレラ
 
人物
戸川巧(24)サラリーマン
内田ユカリ(23)OL
 
 
小田急線・駅・ホーム(夜)

   電車がホームに到着。
   乗客はまばら。
   真っ先に電車から降りるサラリーマン、戸川巧(24)が階段を駆け下りていく。

小田急線・駅構内・男子トイレ(夜)

    トイレに戸川が飛び込んでくる。
    小便器には目もくれず、個室の空きを探す。
    手前の個室のドアが半開きになっていることに気づき、中に入る。
    個室内には、OLの内田ユカリ(23)が床に直接すわって、便器に顔を突っ込んでいる。
  個室内のすっぱい匂いに、反射的に口元を覆い、顔をしかめる戸川。

戸川「……大丈夫ですか?」

    ふりむくユカリ。キツめの顔の美人だが、顔面蒼白で表情に余裕がない。
    ユカリ、いきなり戸川の足に抱きつき、

ユカリ「……水」


  ×  ×  ×

    ペットボトルの水を飲むユカリ。

ユカリ「……もう平気」

    ユカリの顔色は少しよくなっている。

ユカリ「アリガト。助かったわ。エエト……」

戸川「戸川です」

ユカリ「ありがとう、戸川さん」

   ユカリが立ち上がろうとして、よろける。
   彼女を抱きとめる戸川。

ユカリ「……もう平気なのよ? 酔いは収まってるの。ただ、どこかでヒールが片方、脱げて落としてきちゃったみたい」

    ユカリはもう片方のヒールも脱いで、ストッキングの足で床に立つ。

ユカリ「心配しないで。家近いし、これで帰れるわ。それじゃバイバイ、戸川さん」

  堂々と男子トイレから立ち去るユカリ。


小田急線・駅・ホーム(夜)

    戸川、電車から降りホームを歩く。

ユカリの声「あの、戸川さん……ですか?」

   戸川がふり返ると、そこにはユカリが。

戸川「ああ、この前の……」
ユカリ「内田ユカリです。先日はどうも、見苦しいところをお見せしました」
戸川「……きみのヒール、あのあと探して、一応駅員さんに届けておいたよ」

    ユカリ、一瞬真顔で驚いて、プッと噴きだす。

ユカリ「捨てちゃいましたよ、もう」
 
  戸川、ユカリに釣られて笑う。

/了

 

 

やっちまいました。

課題提出の当日に書いてしまいました。

 

他の人があまり使わなさそうな場所を使いたい!
という欲求が強く、駅のコインロッカーとか、駅の工事中の部分とか、
そういう場所を使おう使おうと思い、ネタを考えていたのですが、
 
結局は駅のトイレに落ち着きました。
ト書きをもっとしっかり書きたいのですが、
枚数の制限があると、どうしても話を進めるのが優先(会話中心)になって、
ト書きを書き込むことができませんね。
 
要練習です。
 
2015/11/25 引導
 
-------------------------------------------------------------------------------------------
 
※2015/12/10 修正内容
過去形で書かれているト書きがあった
映像では映らない描写があった
(ex.)すっぱい匂い・柱の"別の日")
 ※言い訳をすると、どの程度がダメなのか確かめるために
  わざと"すっぱい匂い"って書いてみたんですが、ちゃんと赤ペンされていました。
・シーンの〆は『セリフではなく、ト書き』。
 →シーンはト書きで〆ること ※セリフで〆ない! 
 
 ver.修正前
 
酔っ払いのシンデレラ
 
人物
戸川巧(24)サラリーマン
内田ユカリ(23)OL
 
 
小田急線・駅・ホーム(夜)

   電車がホームに到着。
   乗客はまばら。
   真っ先に電車から降りたサラリーマン、戸川巧(24)が階段を駆け下りていく。

小田急線・駅構内・男子トイレ(夜)

    トイレに戸川が飛び込んでくる。
    小便器には目もくれず、個室の空きを探す。
    手前の個室のドアが半開きになっていることに気づき、中に入る。
    個室内には、OLの内田ユカリ(23)が床に直接すわって、便器に顔を突っ込んでいる。
  個室内のすっぱい匂いに、反射的に口元を覆い、顔をしかめる戸川。

戸川「……大丈夫ですか?」

    ふりむくユカリ。キツめの顔の美人だが、顔面蒼白で表情に余裕がない。
    ユカリ、いきなり戸川の足に抱きつき、

ユカリ「……水」


  ×  ×  ×

    ペットボトルの水を飲むユカリ。

ユカリ「……もう平気」

    ユカリの顔色は少しよくなっている。

ユカリ「アリガト。助かったわ。エエト……」

戸川「戸川です」

ユカリ「ありがとう、戸川さん」

   ユカリが立ち上がろうとして、よろける。
   彼女を抱きとめる戸川。

ユカリ「……もう平気なのよ? 酔いは収まってるの。ただ、どこかでヒールが片方、脱げて落としてきちゃったみたい」

    ユカリはもう片方のヒールも脱いで、ストッキングの足で床に立つ。

ユカリ「心配しないで。家近いし、これで帰れるわ。それじゃバイバイ、戸川さん」

  堂々と男子トイレから立ち去るユカリ。


◯別の日・小田急線・駅・ホーム(夜)

    電車から降りてホームを歩く戸川。

ユカリの声「あの、戸川さん……ですか?」

   戸川がふり返るとそこにはユカリが。

戸川「ああ、この前の……」
ユカリ「内田ユカリです。先日はどうも、見苦しいところをお見せしました」
戸川「……きみのヒール、あのあと探して、一応駅員さんに届けておいたよ」

    ユカリ、一瞬真顔で驚いて、プッと噴きだす。

ユカリ「捨てちゃいましたよ、もう」


/了