読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引導の脚本日誌

現在シナリオ勉強中!の引導のシナリオを掲載していきます

12/2習作 『軽くないおもい』

 

軽くないおもい

課題:一年後(時間経過)

 

ポイント:季節感があること

 

締め切り当日まで実家に帰っていたので、

戻ってきて、死ぬ気で書きました…。

 

 

 

『軽くないおもい』

登場人物
細谷レイ子(22)大学生
神木陽輔(25)レイ子の恋人
ファミレス店員

 

◯ファミレス内
    細谷レイ子(22)がステーキにかぶりついている。
    テーブルの向かいで、灰皿にタバコをもみ消している神木陽輔(25)。
   ファミレス店員がやってきて、

店員「お待たせいたしました。マルゲリータピザとポテトフライになります」

レイ子「はーい。こっちこっち」

    レイ子の前に料理の皿がおかれる。

店員「こちらの皿、お下げいたしますね」

レイ子「はぁい。どれも美味しかったです」

    店員は空の皿を六枚積み重ねて、厨房へ戻る。


レイ子「陽ちゃん、今日は元気ないね。まだコーヒー1杯しか頼んでないよね」

   無言でコーヒーに口をつける神木。

神木「……呆れてるんだよ。今日は大事な話があるって言ったろ」

レイ子「だってお腹すいちゃったんだもの」

   わざとらしくため息をつく神木。

神木「単刀直入に言う。レイ子、別れよう」

    ポテトフライをつまんでいたレイ子がポテトを落とす。

レイ子「じょ、冗談だよね。陽ちゃん。私のどこが気に入らなかったの? 直すよ?」

神木「……おまえ今、体重何キロだ?」

レイ子「えっ! 陽ちゃんカンベンしてよ」

神木「それが答えだ」

レイ子「美味しそうに食べる私が好きだって」

神木「限度がある」

    レシートを持って席から立つ神木。

レイ子「待って! 陽ちゃん、私やせるから」

    神木が手で"5"を示す。

神木「50だ。50キロまでやせたら連絡してこい。ただし、1年だ。それ以上は待てない」


◯レイ子の家・浴室(夜)
  バスタオル姿で体重計にのるレイ子。

レイ子「ウソでしょう!?」


◯道
  桜並木をジャージ姿のレイ子が走る。


◯市民プール
  サンサンと照りつける太陽の下、ビート板でバタ足するレイ子。


◯レイ子の自宅・リビング(夜)
  "秋の幸"特集をTVで観ながら、腹筋するレイ子。


◯道
  厚着をしてランニングするレイ子。
  足下の凍った水たまりで足を滑らせ、転ぶ。
  救急車の音。


◯病院・病室
  花をもって見舞いにくる神木。

神木「どうしてすぐに知らせなかった!」

 ベッドのやつれたレイ子、笑顔で、

レイ子「入院したおかげでノルマ達成したよ」


/了

 

 

改めて見直すと、

PS・PSPのゲーム『街』に強く影響されていることがあります。

(というかタイトルはそのオマージュ)。

 

序盤をたらたら書きすぎて、

後半で柱をいくつも立てるだけのページ数的余裕がキツく、

季節感が分かる単語だけ並べた感じになってしまいました。

 

そしてやりたいやりたいと思っている

 

◯細谷家・全景

 

◯細谷家・リビング

  寝転がりながらテレビを観ているレイ子

 

みたいなよくドラマである表現を

ページ数が足りない! という理由でいつも使えてないので

早く使ってみたいですね(全景~のところで2行使っちゃうのはキツイ…)

 

 2015/12/8 引導