読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引導の脚本日誌

現在シナリオ勉強中!の引導のシナリオを掲載していきます

1/13習作 『タクミ叔母さん』

課題『魅力のある叔父

枚数:10枚

 

目標

・映像からどうやって『叔父(主人公の母or父の弟)』の関係だとわからせるか?

 

 

 

タクミ叔母さん

 

人物
桐生ミホ(15)高校生
桐生タクミ(28)ネイルサロン店長

荒木学(15)ミホのクラスメート
畑健二(15)荒木の友人

ネイルサロンの店員

 

○道(夕)
 洗面器を片手に桐生ミホ(15)が歩いている。
 洗面器の中にはシャンプーのボトルとバス用のスポンジ。
 オフィスビルに入っていくミホ。


○オフィスビル内・ネイルサロン『雅』(夕)
 エレベーターの表示が7Fで点灯し、扉が開いてミホが出てくる。
 受付カウンターへ向かうミホ。
 受付に女性店員が立っている。

 

ミホ「こんにちはー。あのータクちゃん……店長いますか?」

店員「ちょっと待っててね。(店奥に)店長ー!」

 

 店奥のスタッフルームから、黒いエプロンドレス姿の桐生タクミ(28)が現れる。

 

桐生「ミホじゃない! 学校帰り? うちに来たってことは、とうとうミホもオンナ磨きに目覚めたのね。好きな人ができたの? どんな子? アタシに任せなさい。他ならぬ姪っ子の頼みだもの。 メールの書き方から、デートの誘い方まで男心をレクチャーしてあげる。さ、さ、入って入って」

ミホ「いや、そういうんじゃないし。お母さんに頼まれたの。これタクちゃんに渡して、って」

 

 手提げ袋を桐生に渡す。

 

桐生「あらアリガト。姉さんのタルト、たまに無性に食べたくなるのよねえ」

ミホ「それじゃ、私行くから」

桐生「ちょっと待ちなさいよ。爪磨いてピカピカにしてあげるから」

ミホ「そーいうのキョーミないし。私が陸上やってるの知ってるでしょ?」

桐生「知ってるわよ。磨くだけだから、ね?」

ミホ「今は忙しいからまた今度ね。今から銭湯行くし」

桐生「そういえば姉さんがお湯釜壊れたって嘆いてたわね」

ミホ「部活帰りで早く汗流したいからもう行くね。じゃ」

 

 エレベーターに一直線に向かうミホの後ろ姿を寂しそうに見る桐生。


○コンビニ前の道(夕)
 コンビニの前でたむろっている制服姿の荒木学(15)と畑健二(15)。
 二人とも腰パンで不良座り。
 畑が通りを歩くミホを指さして、

 

畑「(荒木に目配せして)おい、アイツ!」
荒木「あの野郎……シメとくか」

 

 ミホの前に立ちふさがる畑と荒木。

 

ミホ「なによ! アンタたち!」

 

 キッと二人をにらみつけるミホ。

 

荒木「よくもオレらに恥をかかせてくれたな。このチクリ野郎!」

ミホ「元はといえばアンタたちが悪いんでしょ。邪魔だからどこかに消えて」

畑「おー。コワイコワイ。ガッコの外でも委員長キドリか、勘違い野郎」

ミホ「アンタたち日本語通じないの? サル以下ね。さっさとどこか行ってよ」

荒木「黙って聞いてりゃテメエ!」

 

 ミホの肩を乱暴につかむ荒木。

 

ミホ「(狼狽して)ちょっ、何すんのよ」

畑「荒木、そのまま押さえてろよ」

 

 背後からミホのスカートをめくる畑。

 

畑「こいつ、グレーの下着なんてはいてやんの。学校掲示板にアップしてやろうぜ」

ミホ「(涙目で)ちょっと嘘でしょ。やめて!」

 

 必死にもがくミホ。
 激しい足音と共に、ミホたちの元に全力疾走してくる桐生。

 

桐生「何やってるのアンタたち!」

荒木「なんだこのオバさん……」

畑「美人じゃん」

桐生「ミホから離れなさい! じゃないと容赦しないわ」

荒木「うっせえぞ! オ・バ・さ・ん」

 

 桐生が正面蹴りで荒木をふっとばす。
 倒れて起き上がらない荒木。

 

桐生「アタシね、高校時代、空手部だったの。部長で主将だったわ」

畑「うらっ」

 

 桐生の懐にとびこんで抱きつく畑。

 

桐生「積極的なコね」

畑「(青ざめて)は? こいつ……硬い?」

 

 驚愕の表情で桐生から離れる畑。
 脱兎のごとく逃げ出す畑。
 ミホ、桐生に抱きつく。

 

○銭湯・番台前(夕)

 番台で料金を払うミホと桐生。

 

桐生「あなたも姉さんに似て、おっちょこちょいよね。店に洗面器忘れるなんて……」

ミホ「だからって一緒に入らなくても」

桐生「たまには裸の付き合いもいいでしょ」

 

 女湯のノレンをくぐろうとするミホ。
 それに続こうとする桐生。

 

ミホ「叔父さんはあっちでしょ!」

 シーッとジェスチャーする桐生。

 

/了

 

 

脚本では、

基本的に『男の名前は苗字で書き、女の名前は名前で書く』というものがあります。

つまり、そういうことなんですが、

 

(身内に対して)ツンツンしてるJKを書きたかったのですが、

あまりツンツンしてるとこはかけませんでした。

普段ツンツンしてるのに、悪いやつの手にかかって即堕ち2コマってのも、

かなり萌えるの好きです。

 

2016/1/13 引導