読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引導の脚本日誌

現在シナリオ勉強中!の引導のシナリオを掲載していきます

2/2習作 『サビぬきデート』

課題『よろこび』

枚数:14枚

 

課題の目的:

"アンチ"を利用した"よろこび"の表現

(=前半部で悲しいことがあって、後半のよろこびと対比になっている構造)

 

ぼく自身がバブみに飢えているのか、

バブみを感じる内容になりました。

 

今回の課題はよくできたと思います。

 

『サビぬきデート』

 

人物
葛西道成(30)会社員
村上琴子(8)葛西の娘
岡崎友紀(23)葛西の友人

コンビニ店員
床屋店長
寿司屋店員

 


◯駅前・商店街(夕)
 歩きながらスマフォで通話している葛西道成(30)。

葛西「せっかく誘ってもらって悪いが、今日は久しぶりのデートなんでな。悪いな」

 通りがかる店のショーウィンドウでヘアースタイルをチェックし、微笑む。

 

◯駅前・コンビニ・内(夕)
 自動ドアから葛西が店内に入ってくる。
 缶コーヒーを1本、レジの店員に渡す。

店員「お会計、120円になります」

 ズボンの後ろポケットに手をつっこむ葛西、首をかしげる。

 ズボンのポケットをすべて裏返し、棒立ちの姿勢で固まる。

 

葛西「スミマセン。これ、キャンセルで」

 顔面蒼白でふらついた足取りの葛西。


◯ヘアーサロン・クリモト・外観(夕)

◯同・店内(夕)
 個人経営の床屋。
 入り口の自動ドアにぶつかりそうな勢いで葛西が来店する。
 客の髪をカットしている店長、ギョッとして手が止まる。

 

店長「……いらっしゃいませー。どうかいたしましたか?」

葛西「財布の忘れ物ありませんでしたか?」

店長「今日はみてないですねえ」

 

葛西「少し探しても?」

店長「(手で示して)ええ、どうぞどうぞ」

  床屋の床にクモのようにはいつくばり、必死の形相で目を光らせる葛西。

 

店長「あのー……財布はどのような色の?」

 携帯電話の着信がして、
 葛西がピンと立ち上がりスマフォを取り出す。
 受信されていたメールを開く。

 

 差出人は"琴子"、
 本文に『駅についたよ~。どこ?』
 と絵文字がちりばめられている。
 泣きそうに顔をゆがめる葛西。


◯駅・改札前(夕)
 駅改札前の大きな円柱にもたれかかっている村上琴子(8)。
 不安げな表情。
 改札口に走ってくる葛西。
 乱れた呼吸を整えながら、改札付近を端から端まで見回す。
 琴子、視界に葛西を見つけ、笑顔に。

 

琴子「お父さん!」

  駆け寄って葛西の腰にとびつく琴子。

 

葛西「久しぶり。元気にしてたか、琴子?」

  葛西、琴子の頭をなで、こめかみから汗を流しながらも安らかな表情。


◯回転寿司チェーン店『テング寿司』・外観(夕)

◯同・受付(夕)

 コンベアで寿司の皿が流れている。
 レジ前のソファに受付票をもって、おとなしく座る琴子、
 その前に立つ葛西。

 

琴子「(興奮して)お父さん、次だよ」

葛西「……琴子、お父さんちょっと電話してくるから、ここで待っててくれないか」

琴子「(頬をふくらませ)早く戻ってきてよ」

  琴子の頭をなで、店を出る葛西。


◯同・入口(夕)
 店の入り口で電話している葛西。

 

葛西「頼むって! ホントヤバイんだよ。1円も持ってないのに店入っちゃってさ。いやいや、言えるわけないだろ。
 お父さん財布落としちゃったから、今日の食事はナシです……なんて!
 1ヶ月ぶりなんだぞ? ……よし、じゃあ30分後な、駐車場で」

  脱力して、フーッと息をつく葛西。

 

◯同・内・テーブル席(夕)
 テーブルに皿が3枚積まれている。
 琴子はサーモンの寿司を食べながら、ご満悦。
 葛西は琴子をみて満足げに微笑み、お茶を湯のみに注いでやる。

 

葛西「新しいお父さんとは、上手くやってるのか?」

琴子「……あんまり。好きじゃない」

葛西「(暗い表情で)そうか……」

  しょうゆのついた指をなめる琴子。

 

葛西「(やさしげに)こら、はしたないぞ」

琴子「……お父さんは食べないの?」

葛西「(腕時計をみて)ああ、食べるよ。その前にちょっとトイレ行ってくるな」

 席から立ち上がる葛西に、少し不満そうな琴子。


◯同・入口(夕)
 岡崎友紀(23)からお札を受け取る葛西。

岡崎「ホントに5千円で足りるんですか?」

葛西「問題ない。この借りは必ず返すよ」

  走って店内に戻ろうとする葛西の顔に店のノボリがぶつかる。

 ノボリには『特上フォアグラ握り2千円』の広告が。

 

葛西「こんなもん食べるやつがいるか!」

 はきすて、店に駆ける。


◯同内・テーブル席(夕)
 スッキリした顔で席に戻ってくる葛西。
 琴子の前には金色の皿が積まれている。

 琴子「(フォアグラ寿司を口に運びながら)お父さん、これ美味しいよ!」

 一瞬、固まる葛西。

 

琴子「お父さんもこれ食べて元気だして!」

  沈痛な面持ちで席に腰を下ろす葛西。

 琴子「どうしたの? これキライだった?」

  不思議そうに葛西の顔をのぞく琴子。


◯同内・レジ(夕)
 5千円札を1枚レジにだして店員に頭をさげる葛西。
 会計表示は7千円。

葛西「すみません。今これだけしかなくて」

店員「(困惑して)……店長呼んできます」

  琴子が心配そうに店に入ってくる。

 

琴子「お父さん、どうしたの?」

 レジの表示とトレイのお札をみる琴子。

 琴子「……お金足りないの?」

葛西「(気まずそうに)うん……」

 

 琴子、ポーチから1万円札をだして、

 琴子「じゃあ、はいこれ!」

  ビックリした顔で琴子を見つめる葛西。


◯公園・内(夕)
 琴子を肩車して散歩する葛西。

 葛西「なんか、今日はごめんな」

琴子「いいの! 私、お父さん大好きだから。お父さんは私が養ってあげるね!」

 

 琴子が葛西の頭をやさしくなでる。
 葛西はギュッと琴子の手を握る。
 葛西の頬を伝う涙が夕日に光る。


/了

 

今回は、面白い展開になるように設定を考えました。

"どういう風に展開していけば面白いか?"ということを先に考え、

設定をそれに合わせました。

 

具体的に言うと、

1:男がデート直前に財布を失くしてしまう

2:デート相手は誰だったから一番面白いか?

3:同年代の女性だと財布がなくてもお金を借りれるからダメだな

4:じゃあデート相手はお金もってないロリにしよう! 

(これで財布を落としたことがより致命的な問題になる!)

 

そういう思考で考えました。

課題の"よろこび"ですが、

最初は、なくした財布が見つかる、というのを考えてましたが、

ページ数が足らんなあと感じたので、

財布をなくしたことにより、より2人の絆を感じ取れる路線に変更しました。

 

ちなみに本文中にはかいてないですが、

琴子がお金をもってた理由は"新しいお父さんにお小遣いとしてもらった"

からです。

お金をもってる新しいお父さんより、お金がないけどお父さんが好き、

といってくれる幼女はいいものですね。

 

2016/2/4 引導