読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引導の脚本日誌

現在シナリオ勉強中!の引導のシナリオを掲載していきます

11/16習作 『ぼくは情けない声でそう言った。』

 

課題『イライラしてる人

原稿用紙4枚

 

毎回、なにかしら恋愛モノを書いてるような気がします。

今回は学園モノです。

 

 

 

 

ぼくは情けない声でそう言った。


人物

上野タイヘイ(16)高校生
高木莉奈(16)上野の幼なじみ


◯××高校・校舎・学食
食券の券売機の前でオロオロしている上野タイヘイ(16)。

上野「えーッと……。どうしようかな……」

 上野の人さし指が"カレー"と"天ぷらうどん"のボタンを行き来する。
 上野の背後で、高木莉奈(16)が、ダン!と足を踏みならし、腕組みで上野を睨む。

 あせる上野。
 そのわきからニュッと莉奈の腕がのびて、"カレー"を押す。

 莉奈が券売機から食券を持ち去り、カウンターに食券を提示する。

上野「待ってくれよぉ~~。莉奈ぁ~~」

 莉奈を追いかける上野。


◯学食・テーブル席
 上野と莉奈が料理と席に着いている。

莉奈「アンタってホント、優柔不断よね」
上野「だって……」

莉奈「他人に迷惑。見ててイライラする」
上野「あー。でも、やっぱり今日はうどんにすればよかったなあ……」

 

 カレーを食べる上野。莉奈はため息。

 

莉奈「それで相談って?」

 上野、黙って薄ピンクの手紙を莉奈に。

 手紙を読み、顔色を変える莉奈。


莉奈「こ、こんなのイタズラよ。美人って性格わるいのよ? 絶対だまされてる!」

上野「でも、同じ図書委員で、本の趣味が似てて、よく手作りのお菓子くれるんだ……」

 莉奈、信じられないといった表情。

莉奈「アタシにどうしろって言うの? まさかこんなことも自分で決められないの!?」

 

 うつむきがちに黙り込む上野。

 

莉奈「あ~もうバカバカしっ!」


 莉奈、テーブルに手紙を叩きつけて、食器をもって席から立ち上がる。

上野「あ、あの……。待って……」

莉奈「イヤ。付き合ってられないわ」

 

上野「ぼくが好きなのは莉奈なんだ!」


/了

 

 

2015/11/16 引導