読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引導の脚本日誌

現在シナリオ勉強中!の引導のシナリオを掲載していきます

8/2習作『反面教師の通夜』

課題『葬式』
目標:久しぶりに親族が集まる場所
儀式の場
 
駄作です。
 

 『反面教師の通夜

 
人 物
葛島達也(17)受験生
葛島由紀子(44)達也の母
葛島栄一(47)達也の父
河合圭一郎(26)達也のイトコ
河合コウキ(19)同
河合夕実(15)同
河合ジュリア(22)圭一郎の妻
 
〇喫茶店・外観(夕)
 個人経営の喫茶店。
 
〇同・内(夕)
 店内に客はまばら。
 テーブル席に座る葛島達也(17)、その向かいに座る葛島栄一(47)、葛島由紀子(44)。
 テーブルに全国模試の成績表。志望校合格判定、F判定の文字。
達也「……だから、オレは大学行かねーって言ってるだろ。ゲームの専門行くからさあ」
由紀子「あのね、お母さんね、達也の夢は応援してあげたいんだけど、やっぱり大学には行ったほうがいいと思うの。ほら、就活のときに困っても遅いじゃない? 好きなことを仕事にするのは難しいっていうし」
達也「オレ、ゲーム会社以外で働く気ねーし」
由紀子「それだけって決めてかかったら、その仕事につけなかったらどうするの?」
達也「だーいじょぶだって。イトコの昴輝さんっているじゃん? あの人、いわゆるユーチューバーとかってゲームの実況動画を配信してお金稼いでるんだよ。そういう人だっているんだから平気だって。今は好きなことやってお金稼ぐ時代になったんだよ」
由紀子「河合さんとこの昴輝クンのこと? 高校卒業してから、仕事しないで、ずっと引きこもってるって聞いたけど……」
達也「それは母さんがそういう世界を知らないだけだって」
 由紀子、ため息。
由紀子「ねえ、お父さんからも何か言ってあげて」
 栄一、腕を組んで気難しそうに眉間にしわを寄せている。
由紀子「お父さん!」
 栄一、ハッとして、
栄一「ああ、スマン。なんの話だっけ?」
由紀子「(ムッとして)お義父さんの具合が心配なのはわかるけど、今は達也の進路のことを考えてよ」
栄一「(重苦しく)……そうだな」
達也「おじいちゃん、そんなに悪いの?」
栄一「週末にはお見舞いに行こうな」
由紀子「その話は今はいいの。達也の進路の話でしょ。この前の三者面談で先生とお話ししたけど、この夏が勝負だから予備校に行かせるべきよ」
達也「だからー、行かねーって。専門行くって言ってんじゃん」
栄一「スマン、ちょっと妹からだ」
 席を立ち、折り畳みのガラケーで電話にでる栄一。
栄一「なんだって!? そうか……わかった」
 携帯を閉じ、席に戻ってくる栄一。
 席に着き、神妙な表情で鼻からため息。
由紀子「もしかして、お義父さんのこと?」
 不安げに栄一の顔を見る達也。
栄一「父さん、ついさっき息を引き取ったって」
 
〇興福堂会館
 入口に筆文字で『葛島家通夜式場』。
 
〇同・親族控え室
 長テーブルとイス、ポットに湯呑み、まんじゅうなどが置かれている。
 部屋にはボーッとした表情で、達也が一人、座っている。
ジュリアの声「コンニチハー」
 控室のドアが開いて、河合ジュリア(22)が赤ちゃんを抱えて入ってくる。
 ジュリアは褐色の肌で、カジュアルな服で薄着。
 ギョッとする達也。
 ジュリアの背後から喪服姿の河合圭一郎(26)が出てくる。
 圭一郎、達也に気づき、近づいて、
圭一郎「タツヤ君、だよね? オレ、覚えてる? イトコの圭一郎。こっちは妻のジュリア。フィリピン人」
ジュリア「ヨロシク」
達也「……ドモ」
圭一郎「5、6年ぶりかな? タツヤ君は小学生だったよね? 覚えてないかな」
達也「覚えてますよ。ばあちゃん家に日本人の彼女連れてきてましたよね? すごい美人の」
圭一郎「(まいったなあという顔)ちょっと外でタバコ吸ってくるよ」
ジュリア「早く戻ってキテよ」
圭一郎「タツヤ、ジュース奢ってやるよ」
 
〇同・外
 タバコの煙をふかす圭一郎。
 隣でジュースをチビチビ舐める達也。
圭一郎「ユカとはあの後、すぐ別れたよ。フラれたんだけどな」
達也「……」
圭一郎「父親に反対されたんだってさ。オレ高卒だったし、あの時は仕事コロコロ変えてたし信用なかったんだろうな」
達也「今の人とはどこで?」
圭一郎「仕事帰りに通ってたフィリピンパブでな。できちゃった婚だよ」
達也「……」
圭一郎「タツヤ、そんな目で見んなよ。そりゃお前ぐらいのトシじゃ、外人ってだけで偏見あるだろうがいいヤツなんだ」
達也「圭一郎兄ちゃんは昔さ、日本一の美人と結婚するって言ってたよね」
圭一郎「ジュリアは日本一、それにフィリピン一さ」
達也「……」
圭一郎「人生、なかなか予定通りにはいかないもんさ。お前もそのうち分かるよ」
 タバコの火を灰皿でもみ消す圭一郎。
圭一郎「先、戻ってるよ」
 入り口に歩きだす圭一郎。
 タクシーがやってきて入口に停まる。
 タクシーから中年男性と中年女性が出てくる。
 中年女性に助けられて、河合夕実(15)が下りてくる。
 夕実はお腹が大きい。
 河合コウキ(19)がタクシーを下りてくる。
 コウキは肥満体で髪がボサボサ、オタクっぽい見た目。
 中年男性、中年女性、夕実は会館に入っていく。
 コウキは達也の姿を見つけ、近づく。
コウキ「(半笑いで)や、やあ……ヒヒッ」
達也「コウキさん、ドモっす。オレ、コウキさんのゲーム実況動画観てます。再生数凄いっすよね。どれくらい稼いでるんスか?」
コウキ「アッ……。ありがと。広告収入でそれなりに? 稼いでるよ。君はどうなの? ゲームの専門、行くんだよね?」
達也「それなんスけど、母親が認めてくれないんすよねえ。じいちゃん亡くなったって聞く直前まで言い争いしてて……」
コウキ「それは大変だね……」
達也「つか、コウキさんの妹の夕実ちゃん? 妊娠してるんスか?」
コウキ「アッ、ウン……。そうだね」
達也「私立のいいとこの女子校通ってるんですよね? 見た目も真面目そうなのに…。相手の男、どんな奴なんスか?」
コウキ「アイツ、相手がだれか言わないんだ。親にも内緒にしててさ、子供は一人で育てるって……」
達也「……すごいですね。コウキさんの家族とは五年くらい会ってないだけなのに、こんなに変わってるとは思ってませんでした」
コウキ「しかも僕ね、実は家から追い出されそうになってるんだよね」
達也「動画投稿で稼いでるのに出てけって言われるんですか?」
コウキ「うん、まあ……」
達也「そうだ。オレも実況動画撮りたいと思ってるんですよ。キャプチャーボードとかどれ買ったらいいか教えてくださいよ」
コウキ「それは、また今度で……」
夕実の声「おい、クソニート! こっちきて手伝え!」
コウキ「行かないと……」
達也「(ムッとして)オレも戻ります」
 
〇同・内
 トイレ前で達也と夕実が会う。
達也「あ。ねえ、夕実ちゃん」
夕実「(不機嫌そうに)なに?」
達也「コウキさんをクソニート呼ばわりはひどくない? ゲーム実況で稼いでるし、ネットでは有名人だよ?」
夕実「はあ? アイツが? そんなわけないじゃん。アイツ今働かないからって親にパソコン取り上げられてるんだよ。そんなの絶対ウソだから。本当に引きこもりのクソニートだから」
達也「(目を丸くして)……」
 
〇同・セレモニー会場
 会場のパイプ椅子に親族たちが座っている。
 焼香をする達也の目は真剣。
 八〇歳くらいの老人の遺影。
 
〇同・外
 霊柩車が停まっている。
 達也、隣に由紀子に、
達也「母さん、オレやっぱ予備校行くよ」
 目を丸くする由紀子。
 
/了
 
ログライン
『受験生の男の子が専門学校に行きたがるが、親は大学を出てほしいと言い、喧嘩になるが、祖父の葬式で5年ぶりにあった従弟たちの落ちぶれた姿を見て、現実を見ようと思い、大学受験をすることに決めた』
 
勢いで書ききってしまった作品。
詰め込みすぎたのが一番の失敗。
今までで一番書くのに時間をかけていない作品。
構想含めて3時間くらいか?
実は、ノンフィクションの部分も多いです。
見直してみて、若干イタイ作品だったので、封印したい作品の1つではあります。
ただ、アイデア発想は悪くないと思ってるので、また使えるかも?
 
先生の意見:
ニートのイトコ、コウキと主人公の関係を掘り下げてよかったかも。
・イトコの3兄弟全部やるのは多すぎた。
>>
まったくです…
実は手書き原稿を提出後に清書したのですが、
20枚をじゃっかん超えてました…。それでも3人は書ききれなかったので多かったですね。
・最初のシーンはバッサリカットしてもよかったかも?
>>たしかに
 
2016/8/3引導